70年以上の歴史を持つFIATの代名詞
遡ること1936年初代500は誕生し
トポリーノの愛称で親しまれた

全世界でも高い人気を誇った新500である
2代目に当たるNUOVA 500は1957年に誕生
20年以上に渡り生産し続けられた
人気モデルで、日本では世界でも有名な
アニメーションルパン三世
で使用された車としても有名である

そして経つこと2007年
3代目としてフィアット 500が誕生したのである
2代目が誕生してから実に50年以上
経っての再誕である

新しい個性と共に生まれ変わった
彼の旅は始まったばかりだ
蘇ったスコルピオンの情熱
フィアット 500の復活に伴い
もう一つの称号が蘇る

「ABARTH」

イタリア車を中心としたチューニングカー
を手がけたブランドであり
独自でもスポーツカーやF2マシンを
手がけていた

ABARTHの証であるサソリを
高々と掲げフィアット 500の
走りは更に次元を越えた性能を
誇る

1950年代から60年代にかけ
モータースポーツシーンで震撼させた
ABARTHと500のタッグ
蘇った彼の力は
世界を再び震撼させているのだ
Fiat 500 Abarth
INFINITE ECLIPSE + Standard Polish
6
8
Y様、この度はご入庫頂き誠にありがとうございます。

お車は新車ということで、軽度の小傷が数カ所確認されましたが、
大きなダメージもなく非常に良い状態であったため、
下地を調整するスタンダードポリッシュを適用致しました。

今回のコーティングはトップコートのルナを含め計5層形成しており、
上層部のルナは持続型撥水質の効果を有しておりますので、
防汚力・撥水力などでコーティングを体感いただければと存じます。

被膜の中心となるインフィニット4層コーティングは
酸化劣化やクレーター、その他強いダメージについても
高い保護力を発揮しシャープで潤いの有る艶を放ちます。

その上にルナを構築することで
さらに高い保護力、耐久力を持つのが
エクリプスの特徴です。

このコンディションを最大限保つためには
1〜2ヶ月前後でフルスプラッシュ、
洗車傷などが付き始めた6ヶ月〜12ヶ月でルナを行って頂きますと
18ヶ月間確実にコーティングパフォーマンスが持続されます。

何かご不明な点などございましたら
お気軽にご相談下さいませ。

今後とも末永いお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

<ご来店時のコメント>
6月1日に納車した新車です。

ソリッドなので、しっかりと下地を付くってコーティングを
してもらいたいなと思い、ネットで検索しました。
そこでSHIFTさんを見つけ磨きに対する拘りや
価格のリーズナブルさ、代車のサービスが有る事から
SHIFTさんに決めました。

特に気になっている所は無いです。
作業面に関しても全てSHIFTさんにお任せします。

では宜しくお願いします。

<お引き渡し時のコメント>
すごい綺麗になりましたね。
思った以上にツヤツヤになって大満足です。
新車の時の肌よりそうとう綺麗になっています。
本当にやって良かったです。

今後も洗車やメンテナンスと利用させて頂きますので、
宜しくお願いします。

▼エクリプスのサービスの説明
SiO2無機シリカガラスコーティング・ティアラ
撥水性・疎水性・ハードシリコーン コーティング・ルナ
エクリプスとは高分子ポリマー2層、ガラスコーティングのティアラ2層、計4層のインフィニットコーティングにハードシリコーンのルナをトップコーティングして、上質の艶と防汚力を向上させた5層コーティングです。

洗車ビギナーセット
サービスはムートン手洗い洗車、鉄粉除去、マスキング、機械により塗装面の磨き、脱脂、コーティングの順番で施工を行います。

ホイールコーティング・シェル
窓ガラス撥水・ウィンドウコートZ
5層コーティングに加え、ホイール磨きとシェルの施工、窓ガラスにはウィンドウコートZを全面施工し、タイヤは水性タイヤワックスで仕上げます。

▼アフターサービス
万能メンテナンス剤・ラッシュ
メンテナンスにラッシュルナなどの豊富なフリーチケットが付属し、尚かつ18ヶ月間のアフターフォローサービスも行います。

▼プライス
通常64,800円のサービスですが、モニター施工車両の場合はお車のお写真やコメントを公開させて頂くと言うことで、通常価格よりも格安でサービスをご提供しております。

▼モニターエントリー
シフトモニターのご利用をご検討されている方は お電話にてお問い合せください。
0120-73-6662 モニターの概要につきましては 併せてコチラのページもご覧下さい。
エクリプスモニター
2010年6月20日、モニターSTART!

ご入庫はFiat 500 Abarth。
抜群の走行性能と独特の個性が光る名車です。

Y様、ご来店いただき誠にありがとうございます。
新車でのご入庫ですが多少汚れがあるようです。
ホイールは少々汚れております。
お客様には3ツーリングをお貸し出ししました。
お気をつけてお帰り下さいませ。
まずは車内清掃で内側から綺麗に。
ホイールをムートンウォッシュ中。
綺麗に仕上がりました。
続いてボディに水を掛けて
汚れを浮かします。
更に泡シャンプーをボディに掛けます。
タップリ泡が乗りました。
ルーフからボンネットへ、
上から下に移動して汚れを落とします。
毛足の長いムートンブラシは汚れをキャッチしてくれます。
一通り洗車を終えたら、
シャワーで泡を洗い流します。
外回しのため、フロントで拭き上げ作業を行います。
バックで店舗から出します。
エアーガンでしっかり溝の水滴をとばします。
以降の作業にとても欠かせない行程です。 
飛ばした水滴は超極細繊維のマイクロファイバークロスで
しっかりと拭き上げます。
水滴を完全に拭き上げて、洗車完了です。
Beforeチェック。

新車なので深いダメージは見あたりませんが、
微細な傷などは如何でしょうか。
リアフェンダーにうっすらとしたすり傷を確認。
色階調を反転していました。
バッチリ小傷が浮かび上がります。
反対側のリアフェンダーにも小傷を確認しました。
色階調を反転すると傷の具合が良く分かります。
サイドスカートにも傷が・・・
乗り降りする際に付いてしまいがちな傷です。
マスキングでパーツや溝を保護します。
薬品が付かないようにパーツを保護します。
手際よく正確にマスキングしていきます。
マスキングが完了しまた。
これから磨き作業に入ります。
磨きを開始します。

今回は新車でしたが、若干ダメージがあるようです。
全体的にはギアを使用したスタンダードを適用します。

まずはギア+ウレタンバフで微細な凹凸を除去します。
新車であってもダメージを負っていることは少なくなりません。
特に欧州車は本国で製造されてから輸送され、納整センターを経由し
ディーラーで保管後にオーナー様に納車されます。

受注体系にもよりますが
納車までの数ヶ月間で様々なダメージを負ってしまうこともあるのです。
リアバンパーもギアポリッシャーで均一に磨きます。
新車であれ、経年車であれ、下地処理はとても大切です。
サイドスカートについていた傷もしっかり落とします。
最後は手磨きを行います。
リアスポイラーの裏側も機械では磨けない箇所なので、
しっかりと手磨きします。
ホイールの細かい所は綿棒で綺麗に仕上げます。
コーティングを行います。
ECLIPSEはポリマー+ガラス+ルナの5層コーティングです。

まずは下層を担うポリマーを2回施工します。
ポリマーを形成すると潤沢さが増し
同時に紫外線への耐性がアップします。
ダメージを負いやすいルーフもポリマーを入念に塗布。
続いてシリカガラスコーティングを施します。

シフトのシリカガラスは有機質を含まない無機成分です。
塗装に塗布した時点で硬化を開始し0.1ミクロン以下の
シリカ被膜を形成します。
ガラスコーティングには様々な種類があります。
塗装に最適化された薬品もあれば
薬品自体が強すぎて塗装に不向きなものもあるのです。
5層トップコートにルナを形成します。
先進コーティングと呼ぶに相応しい薬品で、
ガラスコーティングとポリマーのハイブリッドコーティングです。
コーティングのムラや拭き残しが無いか
念入りに最終チェックを行います。
シェルはガラスベースのハイブリッドポリマーです。
大変優れた性能を持ちますが、薬品が強いのでボディへの塗布は出来ません。
Before After 比較。

写真では一見何も変わっていないようですが
下地を整えた事で潤沢さがいっそう増しました。
うっすら映り込んだ傷も綺麗になくなりました。
色階調を反転しても傷が映りません。
こちらも綺麗になりました。
色階調を反転しても全く問題有りません。
こちらも問題なく改善できました。