close
お気軽にどうぞ 0120-73-6662

コーティングの性能表記は適正?

「ガラスのベールが愛車を守る」
「○年持続する先端コーティング」
「雨で車を洗い流す」

魔法のような効果と持続力に疑問を持つ人は多いと思います。
本当であれば凄い事ですが、魔法のような効果は

実際にやってみないと分からないのです

高いコストを掛けて、効果を体験すれば、それが事実かそうでないかも知ることが出来ます。

しかし、あなたの疑問は・・
間違っていません。

現在、コーティングの表記は理論的な数値を元に算出されたデータです。
車に塗り込む保護光沢剤として正しい表記ではないのです。

ガラスコーティングの大げさな謳い文句

現在、主流のガラスコーティングのほとんどが理論値で算出されたデータを表記しています。

例えば、被膜硬度9H、モース硬度なども車の塗装にこの硬度を実現することは不可能です。

紫外線をカットするというのも事実ではなくガラスコーティングは紫外線を透過してしまいます。

ノーメンテナンスで何年も持続するというのも温度差による塗装の伸縮、雨、風、走行摩擦や洗車による消耗を考えると難しいと思われます。

被膜の厚さが数ミクロンとされることもありますが実際はとても薄膜です。
仮に数ミクロンの厚みを持たせたとしてもムラが発生して見た目は非常に悪くなります。

続きを読む
ガラスコーティングの優れた性能
ガラスコーティングは確かに酸化劣化しない無機性質、走行摩擦を軽減する硬い皮膜、優れたメンテナンス性を持っていますがその性能はとても大げさに謳われてしまっています。

事実無根のポリマーコーティング
ポリマーコーティングに関しては事実無根のデータを打ち出す傾向にあります。

ポリマーとは有機物の重合体であるため主成分は劣化をします。
ディーラーなどで扱われる5年ポリマーは根拠のないデータを表記しているにすぎません。

ポリマーの特徴は主成分によって様々ですがガラスコーティングにはない特徴を持つことが可能です。
例えば、紫外線に強い被膜を形成し塗装の伸縮にも対応する柔軟性などはガラスコーティングには持ち得ない性能でしょう。

正しい最先端コーティング
ガラスコーティングやポリマーコーティングを正しい情報を元に扱えば常に新車状態をキープするのも不可能ではありません。

コーティングには長所と短所があり誇張された長所ばかりに囚われてしまうと折角のコーティングも持続性能を発揮しません。

常にペストコンディションをキープするためにはガラスコーティングとポリマーコーティングの長所と短所を知っておく方が良いでしょう。

コーティングは犠牲膜
コーティングは魔法の薬ではありません。
長所と短所があり、また持続効果も徐々に落ちていきます。
これは走行する乗り物に塗布する以上、致し方ないことですし、当然とも言い切れます。
ですが、コーティングの長短を知り、効果が落ちた時に、劣化箇所を修復すれば、塗装を完璧に守ることが可能なのです。

コーティングは塗装が受けるはずのダメージを全て受け止めてくれる犠牲膜です。
犠牲膜を守ることで車の美観は確実且つ完璧に守られるのです。

閉じる

コーティングを長持ちさせるために

過酷な環境
車は常に過酷な環境に置かれます。 降り注ぐ紫外線、高温化するボディ、酸性雨、排気ガス、鉄粉などは徐々に塗装を劣化させてしまいます。 春は花粉や黄砂、夏は樹液や虫、秋は台風、冬は木枯らし、四季もまた塗装にダメージを与えます。 こうしたダメージの蓄積は徐々に愛車への熱を冷めさせる要因となります。
続きを読む
生み出される悪循環
ダメージの蓄積は車の塗装を破壊し、汚れる悪循環を作り出します。 劣化し鉄粉が浸食したボディは汚れを蓄積しやすく、雨滴は滑水せず、洗車しても直ぐ汚れが付着し、どんどん輝きを失っていくのです。
悪循環に陥らないためのコーティング
汚れの悪循環に入ると塗装は大きなダメージを負う危険が高まります。 その悪循環に陥らないためにも塗装の上に犠牲となるコーティング膜を形成すれば、 美観が保たれ、危険が低まります。コーティングは効果が持続している限り、 塗装が本来負うべきダメージの身代わりとなってくれます。
コーティングを補強する
塗装の犠牲となるのがコーティングであれば、 そのコーティングを補強することで、最大限の持続効果を維持し、 塗装の美観を守ることに繋がります。日々の洗車をマメに行い、 季節の変わり目にコーティングの補強、1年ごとに張り替えれば確実に塗装を守ってくれます。
ベストコンディション
正しいコーティングとケアを行えば、常にベストコンディションをキープ出来ます。 ここ10年ほどのコーティングブームの中で生まれた「水洗いのみでOK」「ノーメンテナンス」という言葉は 販売目的もしくは施工店の知識不足に他なりません。昔から車が好きな人はマメに 洗車やワックスがけを行い輝きをキープしてきました。今はワックスがコーティング置き換えられ、 持続効果や保護効果も高まりましたが、今も昔も、これからもコンディションキープの方法は変わりありません。
閉じる

コーティング常識

コーティング常識
コーティングは塗装の変わりにダメージを負う「犠牲膜」です。
その膜は美観を保つために薄い膜である必要があります。

塗装はそのものが光沢を放つ完成体であるためその塗装の上に形成するコーティング被膜に厚みを持たせると光沢が干渉し合う干渉縞(かんしょうじま)と呼ばれるムラが発生してしまいます。

続きを読む
無茶なコーティング
技術的にはコーティングに10ミクロンの厚みを持たせることも可能です。
ただし、仕上がり良く美観を崩さないためには結果として厚塗った被膜を研磨して調整する必要があるでしょう。

また、厚みがあればあるほど(実際に本当に厚みを持たせれば)塗装の伸縮により目に見えたクラック(ひび割れ)の発生する可能性が上がるため美観を保ち塗装を守る目的のコーティングが美観を壊してしまうことにもなりなねません。

下地処理、コーティング形成、コーティング研磨を高いレベルで行うため施工コストも再塗装に近づくことになります。

高いコストに見合った効果を考えるとコーティングの過度な厚塗りは賢明とは言えないのです。

当店でも膜厚感の高いコーティング剤はありますが、過度に塗りすぎてもただムラになってしまうだけなのです。

コーティングの非常識
数ミクロンの厚みを持ち、硬度(被膜の硬さ)も9Hなどと謳われるコーティングがある場合それはとても非常識な表記です。

膜の厚みや硬度は美観や塗装の性質を無視した場合に実現できる理論値なのです。

また、この理論値に乗じて5年、6年の持続や雨で汚れを洗い流す防汚性能、紫外線から塗装を守る保護性能などもまた非常識な謳い文句と言わざる終えません。

常識リスト
コーティングは犠牲膜、実際耐久は1〜2年程度
厚みは0.1ミクロン以下、美観を保つために薄膜なのです
塗装の硬さに依存します
洗い方次第では洗車傷は付きます
ガラスコーティングは紫外線を透過します
非常識リスト
コーティングは塗装と同レベル、耐久は5〜10年
厚みは1ミクロン以上、重厚な被膜が愛車を守る
硬さは石英ガラスと同じ硬度です
硬いから、洗車傷が付かない
ガラスコーティングが紫外線をブロック
閉じる

コーティングに期待する性能

コーティングはダメージを負う
コーティングは美観維持に不可欠な要素です。

ただし、その性能に永年の効果を期待しては目的は達成されないでしょう。

車の塗装は走行摩擦を受け強い紫外線を浴び温度差により伸縮します。
強い薬剤などで塗装を固めても良い結果にはならないでしょう。

続きを読む
持続は1〜2年前後
コーティングに期待する性能は1年前後の塗装保護です。
メンテナンスなどで最大持続期間を引き上げてあげれば1年〜2年くらいの持続が可能です。

使用頻度によってコーティングを張り替えるのが良いでしょう。

日々の洗車メンテナンス
コーティングの持続を引き上げる秘訣は日々の洗車にあります。

ボディに汚れを蓄積しないことで酸化劣化が引き起こすシミや陥没を未然に防ぎます。

常に綺麗に保つことがコーティングを持続させる秘訣なのです。

ベストコーティング
コーティングには色々な種類があります。
性能もまちまちですが車の塗装に合ったコーティング剤には限りがあります。

ベストなコーティングは塗装に悪影響を及ぼさずに色艶良く1〜2年の耐久力を持つコーティングです。
コーティングの仕上がりは下地処理によって大きく変わるため
施工ショップの腕も判断材料となりますが雨染みが出来やすいコーティングや過度な性能により塗装を痛めるコーティングは車という財産を台無しにしてしまう恐れがあります。

何年持続すると謳われるコーティング剤は得てしてその成分質を限界まで引き上げる傾向にありますが結果が必ずしも良いとは言い難くポリマーなどを半年おきに施工した方が良い結果を得られることも多いのです。
閉じる
1 2 3 4 5
03-3882-6662 info@carwash.jp
〒120-0024 東京都足立区千住関屋町20 株式会社ストラトス
let's happy carcare
carwash
SHIFT
COPYRIGHT STRATOS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社ストラトスに属しております
複製、無断転載は禁止です
touch move..
close