close
お気軽にどうぞ 0120-73-6662

「愛車に本物の輝きを与える車磨きのプロ」

車磨きはプロの仕事という認識の方は多いと思います。
プロと呼ばれる人間がポリッシャーを片手に研磨している姿を見れば

どんな腕であれ、勇ましく見えるものです

しかし、車磨きには高度な技術と豊富な知識、経験、何より明るい環境がなければどんなに腕が良くても・・仕上がりは悪くなります。

匠の技術と称する店舗でも、環境が悪ければ、自画自賛の技術しか持つことは出来ないでしょう。
下地処理はコーティングの仕上がりと以降の持続効果を左右する土台作りです。

車の美観の屋台骨なのです。

車磨きとはコーティングの土台作り

車磨きは塗装の劣化部分や洗車傷を薄く磨き上げて
均一の下地に仕上げる作業です。

数種類のポリッシャーと呼ばれる研磨機を使用して一つ一つの傷を除去するため高度な技術や集中力、豊富な経験を必要とします。

車磨きによって整えられた下地には通常コーティングが上塗られるますが下地が悪いとコーティングの定着も悪く、また、美しい艶を放つことも難しいでしょう。

磨きの善し悪しでコーティングの仕上がりが大きく左右します。

続きを読む
曖昧な磨きコスト
車磨きはボディのダメージを除去する作業ですが車のダメージ度合いは千差万別です。 また、塗装のカラー、タイプによっても作業が異なるため磨きのコストは不明瞭になりがちです。

それに乗じてか数多くの施工ショップが新車であれ経年車であれ同一の磨き料金を請求する傾向にあります。

傷ひとつひとつを見積もるのは不可能ですがこの磨きコストの曖昧さが施工コストを引き上げてしまっています。

曖昧な磨き時間
良心的な車磨きショップであれば塗装の将来を考えた磨きを行ってくれます。

数ミクロン塗装を磨くハードな研磨は車の生涯でも1〜2回ほどに止めた方が良い作業です。

ダメージを負った車両を完璧に蘇らせる選択肢としてハードな研磨は必要不可欠ですが定期的にコーティングを施すのであれば1年に1〜2ミクロン磨いていっても結果は同じになります。

良心的なショップはその辺を考慮して無理な車磨きを推奨しません。
定期メンテナンスを実地するショップが車の将来を考えた研磨をする傾向にあります。

腕に陶酔する車磨きショップ
車磨きの腕に酔いしれるショップは数多くあります。

磨きはダメージを取り除きコーティングの土台を作る大切な作業ですがその腕に酔いしれて不透明で高いコストを設定し美観の保護の目的を成しえないのであれば腕が良くとも意味がありません。

腕、環境整備も抜群でありながら美観の継続を維持するためのサービスを持ち合わせないばかりかそれらを軽視してしまっているのは残念でなりません。

理想は磨かないこと
車を磨くという行為は塗装を削るという行為です。

100ミクロン前後の塗装でも研磨の許容は数ミクロンほどでそれ以上の研磨は控えた方が良いでしょう。

極論で言えば理想は磨かないことです。

しかし一切磨かないのはコーティングの定着がなされないため磨くのであれば最小限に止めるかハードな磨きをするのであればボディコンディションを維持する術を身につけるないし、理解しておく方が良いでしょう。

閉じる

洗車メンテナンスでケアしましょう

磨きに出来ること出来ないこと
磨きを行えばどんなダメージでも除去できる訳ではありません。 塗装の種類や膜厚によって、除去出来ないダメージもあります。 磨きを知らない人は、除去できるレベルが分からないため、 除去できて喜ぶ方もいれば、除去できずに残念がる方もいます。 そして除去できないダメージを負っている車は、未コーティング車両で洗車を疎かにしていたケースがほとんどなのです。
続きを読む
新車でも磨きが必要
新車は必ずしも良い状態で納車される訳ではありません。 製造されてから直ぐにオーナー様の手元に届けられる訳ではなく、 様々な場所で保管されて手元に届けられます。 その保管環境や気候などの影響で大きなダメージを負っている場合もあるのです。 また、ディーラーで洗車を行った場合も使用用具や洗車する人の技量によっては傷がついてしまう場合もあります。 さらには、ディーラーや下請け業者で磨きを行った場合、 バフ目と呼ばれるシングルポリシャー特有の三日月状の傷が付いてくる場合があります。蛍光灯下では分かりませんが、水銀灯やハロゲン下で見ると醜い状態が浮き彫りになります。
きっちり下地を整える
下地の悪い塗装は、凸凹しています。この凸凹は汚れを蓄積しやすく、 そこの溜まった汚れは酸度により粘着し、その他の汚れをせき止めていきます。 せき止められた汚れは紫外線や酸性雨によってさらに酸度を増し、 クレーターなどの重度ダメージを発生させます。 きっちり下地を整えることは、ダメージをリセットする以外に、ダメージ回避という目的もあるのです。
無垢なボディ
ダメージをリセットした無垢なボディは見た目は良いのですが、 放置すれば徐々にダメージを負って行きます。 この状態を放置するのはとてももったいない話です。 コーティングを施して、ダメージを回避すれば、無垢なボディはダメージを負うことはありません。
磨きコストの削減
新車購入時などにしっかり下地を整えて、コーティングを施し、メンテナンスで犠牲膜をキープすれば、ダメージを負わないボディとなります。 コーティングの張り替え時なども深い研磨をする必要はなく、 肌調整レベルの研磨でコーティングを再形成することが可能です。 最初からしっかり磨きをすれば、コストは大幅に削減されるのです。
閉じる

理想の磨きショップとは

しっかりとした磨き環境
磨き環境で何より重要なのは明るさです。傷が目視できない暗い環境では良い仕事が出来ません。

また横風があたる環境は研磨をしても砂埃がボディについてしまう恐れがあるため屋内環境は必須でしょう。

続きを読む
見える環境
環境がオープンであれば依頼する側もとても安心です。

多額のコストに見合った仕事をしているか否かも目で確認できれば納得です。

2〜3日預かっても実際の作業は2〜3時間かも知れませんが閉鎖的な環境であれば何をしているのかもまったく分かりません。

オープンスタイルのショップの方が後にトラブルが起こりづらいことでしょう。
閉じる

正しい下地処理でコーティングが持続

新車にも肌調整は必須
磨きは純粋無垢な美観を作るために不可欠な要素です。

新車であったとしても磨きは必要になります。

なぜならば車は製造直後に納車されるわけでなく一定期間を経て納車されるためディーラーの保管環境によっては大きなダメージを負っているケースもあります。

ディーラーの洗車で洗車傷を負っているケースもありその上にコーティングを施してもコーティングの最大性能は発揮されません。
続きを読む
経年車の磨き
経年車の場合は酸化劣化や洗車傷などの軽度なダメージからクレーターやシミなど重度なダメージまで様々です。

無理な磨きを行うのでなく保管環境やオーナー様の意向に沿って磨きプランを立ててご要望に添った研磨を行うのが正しい方法です。

例えば洗車傷を取り除きコーティングの定着を促進するのであればギアポリッシャーのみで研磨を行います。 この方法は深い研磨を行わないません。

深いダメージを完全除去を目指すのであればシングルポリッシャーと深い研磨用のバフを使用して数時間のポリッシングを行います。
状態によっては10ミクロンほどの研磨を行うためこの方法を行うのは1〜2度までに止めるの方が良いでしょう。
磨きで作った無垢な塗装を守る
磨きは美観の土台ですが放置すれば傷つき汚れてしまいます。

磨き後は美観の土台を守るそれを守るためのコーティングと定期的なメンテナンスは必須です。

特定の磨きショップでは磨きを最重要視する傾向にありますが磨きと同等にコーティングや洗車が重要なのです。

磨いた後の純粋無垢なボディを保つのは磨きではなくコーティングや洗車メンテナンスです。
閉じる
1 2 3 4 5
03-3882-6662 info@carwash.jp
〒120-0024 東京都足立区千住関屋町20 株式会社ストラトス
let's happy carcare
carwash
SHIFT
COPYRIGHT STRATOS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社ストラトスに属しております
複製、無断転載は禁止です
touch move..
close