close
お気軽にどうぞ 0120-73-6662

車コーティングの価格は適正?不適正?

車のコーティング価格を高いと感じる人が多いと思います。
しかし、軒並み同じような価格帯が横並びしているため

そういうものだと

思わざる終えない状況です。
プロに説き伏せられたら「そっか、そうなんだぁ」と
疑問が完全に解消されないまま無理に納得してしまうこともあるでしょう。

しかし、この価格・相場はほとんどの場合
適正ではありません


特に新車時のガラスコーティング価格は不適正なものが多く
はじめてコーティングする方には
気をつけて欲しいところです。

経年車(中古車)の場合は一般基準より料金が高くなれば口コミ評判のお店であっても不適正であると疑うべきです。

例えば、下の写真例をご覧下さい。
このレベルの研磨とコーティングをディーラーやその他の専門店で行った場合、15万円以上の請求が来るでしょう。 おそらく施工店はやりたがらないでしょうし、 利用する側もあまりに料金が高すぎてて、ほとんどの方が諦めてしまうのではないでしょうか?

車磨きとコーティング前のダメージ車両
適正価格の車コーティングサービス・パールブラック ダメージ・傷
リーズナブルな磨き・パールブラック 車磨きが必要
リーズナブルな車コーティング価格・パールブラック 傷とダメージ
価格に疑問をお持ちなら当店へ・パールブラック 深い洗車傷
車磨きとボディコーティング・パールブラック ブラックの管理の難しさ
このレベルのダメージ車両・料金は10万を超えます
ディーラーならば修復出来ません・拭き傷・洗車機傷
当店の車磨きならリーズナブルに回復出来るダメージ車両
車磨きと車コーティングで回復
安いガラスコーティング・技術の安売りではなく適正価格のサービス・パールブラック スクラッチ傷・回復後
価格を抑えた車コーティングサービス・ダメージ・傷・回復後
車 ボディコーティング・車磨きの料金に疑問をお持ちの方におすすめ
ディーラーコーティングの保証では回復出来ない・傷とダメージ・回復後
ディーラー○年コーティングは実現不能・車は深い洗車傷とダメージを負います
専門店の高額な車コーティングにも傷やダメージは入ります></div>
							<div class=当店の車コーティングはコストを抑えたフルサービスです
回復後のアフターケアが何より重要です
黒系のお車は是非ご相談下さい・パールブラック・価格を抑えたポリッシュ・回復後
当店では重度のダメージ車両でも他店の半額以下で愛車を蘇らせることが可能です。

愛車を諦めない・蘇るオデッセイ
プリウス黒202に学ぶ洗車の重要性
お客様に大人気のモニターサービス
オーバードライブ
ライズ
ギャラクシー
アース
¥39,800〜
0120-73-6662
受付時間 9:00〜20:00

車コーティングの価格

現在の車コーティング価格には¥150,000円〜250,000円を超えるサービスがあります。 確かに当店の最上位コースには100,000円を超えるコースもあるのも事実です。
しかしながら、それは様々なオプションサービス、メンテナンスを含んだパッケージサービスであり、コーティング単体としての価格ではありません。

コーティング単体で100,000〜200,000円となれば一般的な塗装料金と比較してもこの価格が安いとはとても言えませんし、また、お客様がこの価格を安いと感じることもないと思います。


続きを読む
魔法の謳い文句
近年のコーティングには高額な施工料金も安く感じるほど魔法のような謳い文句があり、これを聞いてしまうと誰でも施工してみたくなります。

・5年持続〜10年持続
・硬さ9Hの被膜で洗車傷が付かない
・水洗いのみでOK、ワックスいらず
・雨で汚れを洗い流す

この魔法のような性能は実現が難しいのですが理論としては正しくもあり、このような謳い文句は世間でまかり通ってしまっています。


ガラスコーティングの理論は本当でもない
魔法の謳い文句が正しいとは言い切れません。

ガラスコーティングは理論的には永久的に持続します。

これは事実ですが、車にガラスコーティングを施した場合、その薄膜は5年も光り輝くことはありません。
走行時や保管時にところどころ、ダメージを負っていきます。


ガラスコーティングはその性質から

「硬さ9Hだから傷が付かない」

などと謳われることがあります。
この9Hとは鉛筆試験硬度を指します。

しかし、硬度9Hは焼成した場合に成しえる硬度であり自然乾燥では実現できません。

また、現在の鉛筆試験は6Hまでしか行われていないため、どんな硬さでも6H以上の表記は避けるべきで実際は2H〜3Hと塗装に依存した硬度を表記するのが適切です。


また、ガラスコーティングは比較的汚れを落としやすいため

「水洗いのみでOK」
「雨で汚れが洗い流せる」

などとも謳われますが、水洗いではボディに付着した油分が洗い流せず果てはシミとなってしまいます。

雨で汚れが洗い流せることはスコールのような雨であれば分からなくもないですがその様なケースは極めて希です。
様々な理論性能を謳い文句にノーメンテナンスを推奨すること自体が論外なのです。


閉じる

車コーティング価格高騰の背景

人それぞれ
日本においてカーディテイリング業が始まったのは約40年ほど前です。 古くから洗車料金は東京都内で¥1,000円〜¥2,000円、 ワックスは洗車と肌調整も含めて¥10,000円ほどでした。シフトでも20年ほど前からコーティングを行っており、 洗車+高度な磨き+テフロンコーティングで¥30,000円ほどのサービスを提供おりました。
続きを読む
突然跳ね上がった価格
回数を重ねて輝きを保つワックスからポリマーに移り変わった15年ほど前から、 コーティング料金が急激に高騰しはじめました。ディーラーが提供した5年5万円ポリマーが火付け役だったと思います。 ポリマーはそもそも有機成分であり、半年で主成分が消失してしまうため、 5年も持続することはありえませんが、ポリマーの親水性という言葉も流行始め、 「効果が無さそうだけど親水している」とワックスのように見た目で判断しづらくなったことで、勢いに拍車がかかりました。 この頃は不景気という時代背景もあり、 ディーラーでも積極的な展開をしなければならなかったのでしょうし、実際にこのコーティングが5年持続すると信じていたようです。 この手のコーティングは各メーカーによって名前を変えて未だ同じキャッチフレーズで提供し続けられています。
同じ過ちを犯したガラスコーティング
10数年年ほど前からガラスコーティングが台頭しはじめました。 その性能は大変素晴らしく、ポリマーにはない可能性を持っており、 現在では主流コーティングとなりました。しかし、 このガラスコーティングは最初の段階で5年5万円ポリマーと同様の価格付けするという大きな過ちを犯してしまいました。 5年ポリマーの価格が適正であれば、ガラスコーティングは10万円でも問題はありませんが、 5年ポリマーの適正価格が2万円であれば、ガラスコーティングの価格が5万円が適正となります。
未来を左右する選択
高騰の背景には不景気があり、悪い流れは10年も続いてしまいました。 車という一つの財産を維持するための初期投資に5万円、10万円は高くはないかもしれません。 車のコーティング価格が新車購入時に合算されていれば、なおのこと手を伸ばしやすいディーラーオプションでしょう。 しかし、現実的にはポリマーコーティング単体では長期間持続や効果は期待できません。 また、ガラスコーティングのように理論的に持続する場合でも、 触れ込み通りの手軽さでは、その美観は長期間保たれることはないでしょう。 安直な謳い文句を聞き入れてしまうと、愛車の未来も違う方向に変わってしまうのです。
プロに任せる
ディーラーは私たちに輸入車や国産車の販売や安全運転のサポートをしてくれる窓口です。 言わば車販売や整備のプロです。しかし、コーティングにおいてはプロではありません。 コーティングを施工するディーラーはほとんどなく、ほとんどの場合は下請け業者に依頼することになります。 この状況が続く限り、今後も価格設定は曖昧でしょうし、技術レベルも高くはないでしょう。 5年ポリマーの価格設定をモデルにしている施工店も同じ事が言えるのではないでしょうか。 本当のプロであるならば適正価格で品質の高いサービスを提供できるはずです。
閉じる

車のコーティング施工店選びに注意が必要です

コーティングの持続期間に惑わされない
5〜10年の美観を維持できるコーティングはありません。
ポリマーなら半年〜1年、ガラスコーティングなら1〜2年を持続期間としてそのコーティングの料金が妥当であるかを見極めましょう。

続きを読む
謳い文句に惑わされない
持続期間のみならずコーティングの理論データは誇張された情報もあります。
硬度9Hや洗車傷がつかない、メンテナンスフリーなどは参考程度にした方が良いでしょう。

磨きコストに惑わされない
新車時やそれほどダメージを負っていない場合磨きは最小レベルとなります。
浅い洗車傷程度の車に多大な磨きコストがかかる場合は施工店を再考すべきでしょう。

施工時間に惑わされない
施工時間は環境と作業に携わる人数営業体系に左右されます。
時間が掛かる=クオリティが高いという訳ではないため作業時間=高い価格にはなりません。

科学データに惑わされない
科学的な分子構造や学術データはコーティング開発に欠かせない情報ではありますが伝わる情報はあくまでイメージであり美観保護を約束するモノではありません。

作業環境を調べる
プロを称する店舗であれば最高レベルの環境を持つべきでしょう。
価格が高い店舗や磨きを重視する店舗であれば屋内環境、照明設備は必須条件です。

仕事を見せてもらう
仕事を見せない拘りの職人もいますがどんな仕事をしているか確認出来る場合は車の扱い方などをチェックしておく方が良いでしょう。

口コミを疑う
専門店の中には口コミを作っているステマショップもあります。
健全に考えれば新車に15万、20万のガラスコーティング価格を設定するお店が流行るはずはありません。
ネットでチラホラ口コミを見かけても、それが本当なのか納得いくまで調べてみると良いでしょう。

閉じる
1 2 3 4 5
人気のモニターサービス
オーバードライブ
ライズ
ギャラクシー
アース
0120-73-6662
受付時間 9:00〜20:00
03-3882-6662 info@carwash.jp
〒120-0024 東京都足立区千住関屋町20 株式会社ストラトス
let's happy carcare
carwash
SHIFT
COPYRIGHT STRATOS CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
サイト内の文章、画像などの著作物は株式会社ストラトスに属しております
複製、無断転載は禁止です
touch move..
close